気になるほくろは除去することが可能!満足のいく肌づくり

ウーマン

納得のいく治療を受ける

カウンセリング

カウンセリングを受けよう

ほくろをコンプレックスに感じている人が増えており、最近では多くの人がほくろ除去を行っています。このほくろの除去は、皮膚科や美容外科などで行われています。そして一言にほくろと言っても種類があります。それは、境界母斑、神秘内母斑、複合母斑と大きく3つに分けることが可能です。細胞の深さによって種類が分けられています。また、ほくろ除去の方法はいくつかあります。まず、レーザー治療と電気メスを用いた手術が主な方法です。これらの方法は、熱を利用してほくろを除去していくので、身体に大きな負担がかかることはありません。これらのほくろ除去メニューを取り扱っている医療機関は増えているので、気軽に除去することができます。しかし、保険適応外となることがほとんどなので、医療機関によって費用設定に差があります。そして、除去をするまでに数回の通院が必要になることがあるので、その点はきちんと把握しておきましょう。また、それに加えて、それぞれ知っておきたいことがあります。レーザー治療の場合は再発の可能性があり、手術の場合は多少の手術跡が残ってしまうということです。手術跡といっても目立つものではありせんが、ほくろ除去を希望する部位が顔の場合には、注意して選択しましょう。初診のカウンセリングなどで、これらの点をきちんと説明してくれる医師であれば、安心して治療を受けることができるでしょう。優良な医療機関であれば治療や手術のメリットだけでなく、リスクなどの可能性や費用、治療計画についてもきちんと説明してくれるのです。カウンセリングを受けたからといって、必ずその病院でほくろ除去をしないといけないわけではないので、もし、カウンセリングの内容に納得がいかなければ通院をやめることもできます。複数の医療機関でカウンセリングを受けて、比較をしながら医療機関を決定することも一つの手段です。口コミ評価などを参考にして、医療機関を選定するのもよいでしょう。ちなみに、個人開業の医療機関を選択する場合には、総合病院などの大きな医療機関と連携しているかを確認することも大事です。なぜなら、ほくろと似ている皮膚病があるからです。ほくろと思っていたら皮膚がんだったという事例も少なくありません。このように、ほくろ除去の治療や手術を受ける医療機関は慎重に選択しましょう。そうすることで、納得のいく方法でほくろ除去の施術を受けられ、コンプレックスを解消することが出来るでしょう。また、実際に医療機関へ来院をする場合には、予約時間の10分前には受付をすましておきましょう。初診の場合、カルテを記入してもらうことがあるからです。カルテには、ほくろのある箇所やどのような治療を受けたいかなど細かく記載する部分があります。ほかにも、何か心配に思っていることや不安に感じている点を記載する欄があるので、何かあれば記入をしましょう。きちんと記入することで、カウンセリングをスムーズに行なうことが可能になります。万が一、予約時間を過ぎて来院すると待ち時間が長くなることもあるので、余裕を持った行動が重要です。特に人気がある医療機関だと、次の日に予約を回されることもあるので注意が必要になります。もし、時間に遅れそうな場合には、電話で事前連絡をしておくと良いでしょう。